スポーツ

町田瑠唯の年俸(年収)やオリンピックの報酬(賞金)は?収入はいくらになるの?

バスケットボール女子日本代表の町田瑠唯さん!

ポイントガードとしてチームの得点を取る要的な存在で、プレーの派手さもあり、個人的にはバスケ女子の中でも一番の注目選手です!

そこで気になるのはお金の話

バスケ女子の日本代表選手の年俸(年収)やオリンピックの賞金など調査したので、参考にしてくださいね

町田瑠唯の年俸(年収)は?

まず女子バスケットボールの年俸に関しては公表はされていないようです

他のプロスポーツ(テニスや野球)などでは年俸の金額がかなり話題になるのですが、バスケに関しては具体的な金額は公にはしていないとのこと

ですが過去の事例などからある程度、町田瑠唯さんの年俸(年収)が予測できます!

町田瑠唯さんの年俸は、約1,500~2,000万円と予測します

根拠を解説していきます。

■日本男子バスケと比較

日本のプロバスケ男子(bリーグ)に関しては、年俸が一部公開されているので、それを参考にしていきます

2019年の平均年俸:4,540万円
最高報酬額:1億円(PG富樫勇樹)

男子バスケではトップの報酬額が1億円を超えています
町田選手もチームで一番目立つPGという事なので、女子バスケ界ではトップクラスの年俸を誇ると思われます

単純な男子との比較をすると、町田選手も1億円となるのですが、バスケは女子と男子で報酬額に大きな差が生まれているのが現状です

バスケットの日本一を決める天皇杯の報酬
男子:2000万円
女子:500万円

大会の報酬額でいうと4分の1
また女子はプロという立ち位置ではないので、年俸に関してはそれ以上に差が開いている可能性が高いです。

なので男子のトップ報酬額の5分の1以下と仮定して、町田さんの年俸を1500万円~2000万円で予測しています。

男子と女子で差が開きすぎ!と不満を持つ方もいると思いますが、現状は仕方がないかもしれません。

当然ですが報酬に対して年俸が決まっていくと思います。
女子バスケ界そのものが大きく報酬を得る事が出来ていないのであれば、年俸もそれほど多くは払えません。(スポンサー契約など)

また、日本より海外のバスケットボールの方が収入の格差は広がっています

海外(アメリカ)のバスケプロの平均年俸額
男子(NBA):7億円
女子(WNBA):1200万円

収入差は、約58倍・・・
こう思うと町田選手の1500万円~2000万円という予測も少し高いぐらいかもしれません

町田瑠唯のオリンピックの報酬(賞金)はいくら?

では次に、町田瑠唯選手のオリンピックの報酬額について調査をしていきます!

女子バスケットのオリンピックの報酬額については以下のように公表されていました

金メダル:500万円(1人あたり)
銀メダル:200万円(1人あたり)
銅メダル:100万円(1人あたり)

報酬が貰える対象は24選手と監督、コーチの計30人となるので、金メダルを取った場合は総額で1億5000万円!

かなりの大金ですが、NBAの報酬額と比較すると見劣りしてしまいますね。
ですが女子バスケはプロではなく実業団という位置づけなので、これでも破格の報酬だと思われます。

また8月6日のニュース報道で出ていましたが、日本女子バスケが金メダルを取ったら報酬を上乗せしたい、日本オリンピック委員会副会長の三屋裕子さんが仰っていました

ただこちらは確定ではなく、理事に交渉するという話なので具体的な金額や、そもそも報酬額が上乗せされるかどうかは定かではありません。

数十万円という細かい単位で上げるのは考えづらいので、仮に100万円ほど上がるとしたら

町田選手のオリンピック報酬は500万円~600万円

ほどになるのではないでしょうか?

ですがオリンピックで金メダルを取った功績は、単発で終わる物では無いですよね

・CM出演のオファー
・テレビ出演のオファー
・新規スポンサーの獲得

パッと思いつくだけでも、上記のような報酬を得られる機会は格段に上がるかと思います!

町田瑠唯選手は、チーム内でもかなり注目度の高い選手なので、オリンピック関連で年収は一気に上がると思われます。

また女子バスケに関連する記事は下記にまとめてますので、参考にしてください♪

バスケ女子監督トムホーバスの奥さんや家族は?日本語が上手なのはなぜ?東京オリンピックの女子バスケのトムホーバス監督、日本語でアドバイスする姿がとても印象的ですよね。日本語上手!と思われた方も多いのではない...

町田瑠唯の収入まとめ

以上、町田瑠唯さんの収入に関してまとめました

・町田瑠唯さんの年俸は1500万円~2000万円(予測)
・町田瑠唯さんのオリンピック報酬は500万円~600万円

となります。
上記の報酬や年収については、あくまでバスケットボールプレイヤーとしてだけの収入です。

各種CMやテレビ、メディア取材などの収入は計算にいれておりません。
(予測するのが難しかったため)

男子との収入の格差がよく話題に上がる女子バスケ界ですが、今回のオリンピックの活躍を機に女子バスケ界の報酬が底上げされるかもしれませんね!

まずは8月8日の決勝戦の様子を応援していきましょう!

以上、最後まで閲覧ありがとうございました!