スポーツ

武井壮フェンシング未経験で協会会長や解説はなぜ?経歴や太田雄貴の退任理由も!

武井壮フェンシング未経験で協会会長や解説はなぜ?経歴や太田雄貴の退任理由も!





タレントとして有名な武井壮さんは日本フェンシング協会の会長なのですが、フェンシングは未経験であります。

なぜフェンシング未経験の武井荘さんが日本フェンシング協会の会長に就任したのでしょうか。
また日本フェンシング協会、太田雄貴前会長の退任理由についても調査し解説いたします。



武井壮が未経験でフェンシング協会会長に就任・選ばれた理由はなぜ?

武井荘さんが日本フェンシング協会会長に就任、選ばれたのは2021年6月に開かれた、日本フェンシング協会の理事会、総会ででした。

新役員が発表され、武井荘さんが日本フェンシング協会の会長に就任したことが明らかになりました。

 

武井荘さんといえば現在タレントとして活躍され、元陸上競技十種種目日本チャンピオンという輝かしい実績を持つ元アスリートであったことが有名です。

武井荘さんが日本フェンシング協会の会長に就任したということですが、なんとフェンシングは未経験とのこと。

 

なぜフェンシング未経験の武井荘さんが日本フェンシング協会の会長に就任、選ばれたのでしょうか。

他のスポーツ協会の会長について調べてみると、競技経験者が会長になるケースが多いようです。

●サッカー協会会長 田嶋幸三 元サッカー日本代表
●全日本柔道連盟会長 山下泰裕 元柔道日本代表
●全日本水泳連盟会長 青木剛 シドニーオリンピック水泳代表監督

 

武井壮さんを日本フェンシング協会会長に選んだのは誰なのでしょうか?



武井荘をフェンシング協会会長に選んだのは誰で選考基準は何?

フェンシング未経験である武井壮さんが日本フェンシング協会会長に就任とのことで、不思議に思った方もいたのではないでしょうか。

なぜ?その理由は?

誰が武井荘さんを日本フェンシング協会の会長に選んだのでしょうか。

 

調べてみると日本フェンシング協会前会長である太田雄貴さんであるようですね。

太田雄貴さんといえば、オリンピックメダリストとして有名で、日本フェンシング史上初となる銀メダルを北京オリンピックで獲得しています。

 

しかし武井荘さんは日本フェンシング協会の会長になるとは、すぐには返事をしなかったとのことで、半ば折れるような形で快諾したと報道されています。

 

フェンシング未経験である武井荘さんですが、太田雄貴さんによると、武井荘さんにはフェンシング協会会長に必要であるという、ビジョンをか掲げられること、大きな発信力があるという能力があるとのことです。

そして武井荘さんはフェンシングと同じマイナー競技出身であるということから、太田雄貴さんはフェンシング協会会長に武井荘さんを猛プッシュしたようですね。

 

武井荘さんも日本フェンシング協会会長に就任するに辺り、このような決意表明をしています。

武井新会長は「非常に重い役職。会長という肩書をいただいたが、1人のアイデアマン、フェンシングを愛する1人として、例えば街を歩いている人に聞いたら、プロ野球選手のように誰もがフェンシング選手のことが分かるような日本にしていきたい」と所信表明した。

引用:日刊スポーツ

 

知名度が高い人気タレントである武井荘さんが日本フェンシング協会会長とのことで、その意外性から関心を持つ人も増えたと思いますので、今後どのような活動をされるのか気になりますね。

これからの武井壮さんの発信力に期待が高まります。




武井壮とフェンシングとの接点は?

武井壮さんはフェンシング未経験でフェンシング協会の会長に就任されましたが、過去にフェンシングとの接点があるのかチェックしました。

 

すると2018年4に太田雄貴さんと番組共演しており、一緒にフェンシングを楽しんでいる姿がありました。

また2017年に武井壮さんはパラスポーツである車椅子フェンシングに挑戦する番組が放送されています。

この時はまさか自分が日本フェンシング協会の会長になるなんて、想像すらできなかったのではないでしょうか。

 

武井壮に解説を求める声が?

東京オリンピックではフェンシング男子エペ団体が金メダルを獲得し、日本中で応援する声や歓喜の声で盛り上がりましたが、武井壮さんもSNSで実況していたとのこと。

しかしインターネット放送では実況や解説はなかったため、フェンシングのルールが分からない視聴者が多かったとのことです。

 

そのため武井壮さんか太田雄貴さんにルールの解説を求める声がSNS上に多かったといいます。

今後、日本フェンシング協会会長である武井壮さんによるフェンシングの解説が期待されます。

 

フェンシング前会長の太田雄貴の退任理由は?

日本フェンシング協会前会長は、銀メダル2個を持つ太田雄貴さん。

太田雄貴さんは日本フェンシング協会の4年間の任期を終えて卒業する形で、退任されたようです。

 

太田雄貴さんは今後、太田だからできたというような、属人的な運営体制からの脱却を図り、新たな組織体制を構築する必要があると語っており、そのために、新しい風をということで、武井荘さんに会長をお願いしたのかもしれません。

武井荘の経歴

武井荘さんは東京都葛飾区出身で、現在48歳です。(2021年8月時点。)

修徳中学校・高等学校を経て、神戸学院大学法学部に進学し、3年生の時に短距離走から十種競技へ転向しました。

 

その後、中央学院大学にスカウトされて進学すると、1997年の第81回日本陸上競技選手権大会十種競技で優勝を果たします。

武井壮が十種競技を始めて2年半でのことで、100m走でのベスト記録である10秒54は、2015年まで十種競技100mの日本最高記録でありました。