生活

加藤央之の経歴は?物語コーポレーション社長の年収や家族構成は?

加藤央之の経歴は?物語コーポレーション社長の年収や家族構成は?という内容で詳しくお伝えしていきます。

『焼肉きんぐ』で有名な株式会社物語コーポレーションの社長加藤央之氏が2021年7月1日(木)のカンブリア宮殿に出演されました。

34歳という若さで株式会社物語コーポレーションの社長になられた加藤央之氏はこれまでどんな経歴なのでしょうか?

とても気になったので調べてみました!

加藤央之の経歴は?

加藤央之の経歴は?について調べてきます!

■加藤央之氏プロフィール

・名前  :加藤央之(かとう ひさゆき)

・生年月日:1986年

・出身地 :愛知県豊橋市

・出身高校:私立桜丘高校(愛知県)

・出身大学:神奈川大学法学部

・趣味  :外食

飲食店を経営されている方の趣味が外食となっています。

趣味を楽しみながら、ご自身の事業のアイデアなのにも繋げることができるので凄くいいですね!

■経歴

・2009年:物語コーポレーション入社。

・2017年5月:源氏総本店向山店 支配人。

・2018年7月:同社 専門店・新業態事業部和食ブロック長 兼源氏総本店向山店 支配人。

・2019年7月 :同社 お好み焼事業部事業部長。

・2020年2月:同社 業態開発本部本部長 兼開発企画・デジタルマーケティング部部長。

・2020年7月:同社 副社長執行役員。Storyteller株式会社 代表取締役。物語(上海)企業管理有限公司 董事。

・2020年9月に同社 代表取締役社長。

物語コーポレーションに2009年に入社されて11年で同社の社長にまで登り詰められました!

加藤央之氏の方針は「常に謙虚で」また「遠慮はしない」だそうです。

若くして入社した会社では、ほとんどの方が年上だったのではないかなと思いますが、その中でも、謙虚かつ遠慮なく自分の思う行動をとられていたのかな?と思います。

その結果、34歳という若さで年商579億円 (グループ売上高 約900億円(2020年6月期))の会社のトップになられて本当にすごいと思います。

加藤央之の会社(物語コーポレーション)の事業内容は?

加藤央之の会社(物語コーポレーション)の事業内容は?の事業内容について調べてみます。

物語コーポレーションは「焼肉きんぐ」が有名ですが他にも数多くの店舗を展開されています。

外食事業(焼肉、ラーメン及びお好み焼レストランチェーン、和食店)の直営による経営とフランチャイズチェーン展開はこちら

 

焼肉きんぐ/ 焼肉一番かるび/ 焼肉一番カルビ/ 熟成焼肉 肉源/ 牛たん大好き 焼肉はっぴぃ/ 丸源ラーメン/ 二代目丸源/ 熟成醤油ラーメン きゃべとん / お好み焼本舗/ 寿司・しゃぶしゃぶ ゆず庵/ 魚貝三昧 げん屋/ しゃぶとかに 源氏総本店

2020年6月30日時点で国内に529店舗。そのうち直営店が308店舗、フランチャイズチェーン221店舗となっています。また海外にも進出されている店舗が11店舗あります。

1949年12月に愛知県豊橋市広小路におでん割烹『酒房源氏』を創業されのが始まりになり、現在は国内、海外を含め540店舗まで増やされています。

加藤央之(物語コーポレーション社長)の年収?

加藤央之(物語コーポレーション社長)の年収?について調べてみます。

株式会社物語コーポレーションの年商は579億円 !

グループの売上高も合わせると 約900億円(2020年6月期)にもなる大企業!

その会社の社長の年収がどのくらいなのか気になりますよね?

調べてみると株式会社物語コーポレーション2020年6月の役員報酬総額が公表されていました!

その額は役員7名で2億726万円!

一人あたり2,960万円で約3,000万になります。

単純に公表されている資料から出した金額ですが、加藤央之氏もこのくらいの年収なのではないかと思われいます。

加藤央之の家族(妻や子供)構成は?

加藤央之の家族(妻や子供)構成は?について調べてみます。

調べてみたとこと加藤央之氏は2016年5月に結婚されています。

そして奥様が2020年8月31日に男の子を出産されているようです。

Facebookには奥様と産まれたばかりの男の子が写っている写真が投稿され、もちろん加藤央之氏もその写真の中に写っています。

奥様やお子さんについて、これ以上のことはわかりませんでしたが、写真からは幸せそうな感じが伝わってきました。

加藤央之の経歴は?物語コーポレーション社長の年収や家族構成は?まとめ

今回は加藤央之の経歴は?物語コーポレーション社長の年収や家族構成は?という内容でお伝えしました。

34歳という若さで年商は579億円の社長!

それまでには様々な苦労があったかと思いますが、これからもさらななる活躍を期待しています!