スポーツ

山西利和メガネが本体!ブランドにこだわらないハイスペックウォーカー

山西利和(競歩)選手と言えばトレードマークのメガネ!どこのブランド?など気になる方もいると思います。

この山西利和選手のメガネについて、自信で「メガネが本体」と言うなどオチャメな部分もありますが、京都大学卒業のハイスペックな選手です。

メガネが本体についての謎、メガネブランドについて、ハイスペックの中身など以下の記事でまとめたので是非ご覧ください!

山西利和メガネが本体とは?

山西利和選手と言えばトレードマークであるメガネが真っ先に話題になりますよね!

ひょっとしたらオリンピック前にメガネを変えている可能性はありますが、過去話題になった山西利和選手のメガネは黒ぶち……に見える青のメガネでした。

 

私は正直言うと、山西利和選手が競技で活躍した時に、

「〇〇選手が金メダルを獲りました!」

と言われても名前は頭に入ってこず、映像を観た時に「あっあのメガネの人ね!」とメガネで山西利和選手を認識していました(苦笑)

その山西利和選手のトレードマークであるメガネですが、とあるインタビューで山西利和選手自身が「メガネが本体」と話していました。

オチャメですよね!

 

どのような流れでメガネが本体と話をしたのかというと……

2019年3月17日「陸上・全日本競歩能美大会・20キロ」のインタビューでのことです。

山西利和選手は当時の自己ベスト、1時間17分15秒で初優勝。この結果をもって、初めて世界選手権代表に内定したレースでした。

この日は気温5度の中、小雨も降るという悪いコンディションでしたが、この状況が起こした結果として、「メガネが本体」が生まれました。

 

気温が低い状況で、競歩=運動をするとどうなるか……

そう、メガネが曇ります!

そしてこのレースは自らの課題としていた「残り2キロ」からのラストスパートが上手くいっての優勝で、冷静な山西利和選手には珍しく声を出してガッツポーズもしました。

・メガネが曇っている
・テンション高い

状況で、山西利和選手はインタビューを受けました。

 

山西利和選手のメガネは競技用ではなく一般用のメガネでした。そのためインタビューでは曇りやズレないかなどの質問が当然出ます。それに対する山西利和選手の答えが、

「レース中ズレないです。僕くらいになるとメガネが本体なので(ニヤリ)」

自分自身、メガネが世間の方に認知(?)されていることを分かっていて、それを武器にしたコメントでした。

ここで気になるのは、山西利和選手の本体であるメガネ。

いったいどこのブランドの製品なのでしょうか?

山西利和のメガネブランドはJINS?

山西利和選手のトレードマークであるメガネに関して、自身では「一般量販店のメガネ」としか話していません。

そのため、正解の答え合わせは出来ない状況ですし、レース中でもズレないメガネだって日常生活で壊れていつ取り換えるかは分かりません。

でも、「山西利和選手と言えばあのメガネ」のメガネをインターネット上の特定班が(たぶん)特定したであろう情報として、

・JINS説

が上がっています。

 

繰り返しですが、山西利和選手自身がそのように話したり、JINSが山西利和選手が使っていますと発表しているわけではないのであくまで「説」として持ち帰っていただけると幸いです。

山西利和選手がオリンピックや今度の競技人生で活躍を重ねていくと、メガネメーカーからタイアップという名のメガネ提供もあるかも……知れないですね。

ところで、山西利和選手と言えばメガネと京都大学出身のイメージが強い方も多いと思います。そのハイスペックな部分を掘り下げてみましょう!

山西利和の愛知製鋼入社まで

山西利和選手と言えば、京都大学出身で愛知製鋼(トヨタグループ)で競歩をしていますが、どの様な人生を歩んできたのでしょうか。

 

山西利和選手は京都府長岡京市出身で、

・中学校:長岡京市立長岡第三中学校
・高校:京都市立堀川高等学校

です。中学校まではトラック姜妃に取り組んでましたが、高校に入ってから競歩に出会い「運命の」競歩選手としての第一歩を進めました。

高校3年の時にウクライナで行われた「第8回世界ユース陸上競技選手権大会」に日本代表選手として出場して、10,000m(10km)競歩で優勝しています。

 

この後、「現役で」京都大学工学部物理工学科に入学しましたが、先の通り本気で競歩に取り組んでいて、かつ「秋~冬まで模試の判定はE」だったにも関わらず合格しました。

凄いですよね。

勉強はもともと好きだったようで、何なら運動より勉強の方が好きだったとか。

そのためしっかりとした考えができていて、それからの勉強方法としては、

・いきなり背伸びをして過去問に手を出さない
・基本的な勉強をして取りこぼしをしない、基礎固めする

この意識で、コツコツと勉強を重ねて年末以降は過去一度だけ出したC判定が出るようになったとか。

地で文武両道を実践している方です。

こうして、京都大学を卒業後、愛知製鋼に入社して今の山西利和選手が出来上がったのでした。

まとめ

山西利和選手のメガネが本体のエピソード、ブランドがどこか?また、愛知製鋼に入るまでの簡単な概略をご紹介しました。

地頭がよく、考えもしっかりしていて……オチャメな部分も併せ持つハイスペックな山西利和選手。

大きな怪我がなければまだまだ長い競技人生を持っていると思います。

今後はどんなメガネを見せてくれるのか!……ではなく、どんなレースを見せてくれるのか、活躍を期待しましょう!

山西利和の学歴や経歴は?プロフィールを徹底調査!
山西利和の学歴や経歴は?プロフィールを徹底調査!東京オリンピックの男子競歩の日本代表選手で、金メダル候補として山西利和(やまにしとしかず)さんが注目されています。 そんな山西利和さんの高校や大学はどこだったのでしょうか? 学歴や経歴など、プロフィールに迫っていきます!...