スポーツ

西矢椛選手のプロフィールや経歴を調査!!本人のInstagramも調査!

日本代表史上最年少の13歳で金メダル獲得!西矢椛のプロフィールを調査!経歴やInstagramも紹介!

スケートボード女子の金メダルは、なんと!13歳の西矢椛選手!

 

オリンピック史上最年少の金メダル獲得になりました!

 

おめでとうございます!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

これはスゴイことですね!!

 

そこで大注目の西矢椛選手のプロフィールについて調べてみました。

 

西矢椛選手のプロフィール

 

生年月日:2007年8月30日(13歳)

出身地:大阪府松原市

所属:ムラサキスポーツ

家族:父、母、兄

 

西矢椛選手の経歴は?


2歳上の兄の影響で、5歳からスケートボードを始め、小学1年生から本格的に滑るようになりましたが、
元々は、スノーボードの夏場の練習として始めたのがきっかけだそうです。

現在も市内中学校に通いながら、スポーツパークまつばらのスケートパークを本拠地として練習を行っています。

 

普段は帰宅後3時間ほど練習し、週末は父親と一緒に練習しているそうです。

 

最初は兄の技を見よう見まねで練習していたが、本格的に取り組み始めてからは翔さんが写真共有アプリ「インスタグラム」などで新しい技の動画を探し、西矢選手に見せて指導するようになった。「頭が下がりすぎ」「前に体が突っ込んでいる」とのアドバイスに、「父の指摘は本当に的確」と感謝する。

毎日新聞より引用

 

西矢椛選手の家族についてはコチラにまとめました。

西矢椛の父親/母親は?兄もスケボー選手か/出身や身長も調査東京オリンピックスケートボードで最年少金メダルを獲得した西矢椛選手。 西矢椛選手の父親・母親はどんな人なんでしょうか? お兄さんもいるようです。この記事では西矢椛選手の家族構成や出身地などについて調べていきます。...

 

安定した滑りと技の高い成功率が持ち味で、2019年小学6年生の時に出場した世界最高峰の大会「Xゲーム」のアメリカ大会でいきなり準優勝を果たし、注目を集めました。

 

東京オリンピックへは、今年6月にイタリアで開催された世界選手権で2位となり日本代表が決定していました。

現在の世界ランキングは5位ですが、この金メダル獲得で一気に順位を上げそうです。

 

東京オリンピックが延期したからこそ、代表になれたのも素晴らしいですが、まだ競技経験や、試合経験も浅いながら今回の金メダル!本当にスゴイの一言に尽きますね!!

西矢椛選手のInstagramも発見!


13歳の西矢椛選手ですが、Instagramも始めています。

西矢椛選手のInstagramはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

西矢椛選手は日本代表史上最年少記録更新!


今までの日本のメダリスト最年少は、岩崎恭子さんでしたが、今回西矢椛選手が1ヶ月短縮しました!

8月30日が誕生日だったので、今回13歳11ヶ月でのメダル獲得になります。

しかも金メダル!これは今後中々破られることのない記録になりそうです!!

ちなみに出場年齢だけで見ても、日本代表史上最年少は12歳、1936年にドイツで行われた冬季オリンピックに出場した稲田悦子選手だそうです。

オリンピック歴代記録では、1896年にディミトリオス・ロウンドラス選手が体操団体へ10歳で出場し、銅メダルを獲得しています。

西矢椛選手に対するTwitterの反応は?

 

まとめ

今回は金メダルを獲得した西矢椛選手について経歴をまとめました。

まさかの13歳での金メダル!!

素晴らしい記録を残してくれました!!今後の活躍にも注目です。

スケートボードの選手が着用していたユニフォームについて詳しくはコチラ

スケボーオリンピック西矢椛ユニフォーム販売してる?どこで売ってる東京オリンピックのスケートボードで金メダルを獲得した堀米雄斗選手が着用していたユニフォームのTシャツがかわいい!と話題です! スケボーのユニフォームはTシャツやポロシャツで普段も着れそうでかわいいですよね! 購入できる場所や価格は?通販サイトも調査しました!...

 

情報が少ない部分に関しては、また追記していきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。