エンタメ

片瀬那奈の恋人岡田英明氏が逮捕!岡田英明氏の経歴は?二人の馴れ初めも調査!

片瀬那奈の恋人岡田英明氏が逮捕!岡田英明氏の経歴は?二人の馴れ初めも調査!

片瀬那奈さんの恋人が逮捕!というニュースが入ってきました!

 

色々噂もされていましたが、今回のニュースで片瀬奈々さんもまたさらに噂が広まりそうな気がします。

 

そんな片瀬那奈さんの恋人岡田英明氏がIT会社「クリッチ」の元代表取締役社長とのことで、経歴や岡田英明氏の会社「クリッチ」について調べてみました。

 

「クリッチ」元社長岡田英明氏とは?


残念ながらWikipediaにも記載はないので詳細は不明です。

 

文春では、本人のInstagramからの写真を掲載していましたが、現在のところアカウントが非公開となっており、見ることはできませんでした。

 

片瀬奈々の恋人岡田英明氏が逮捕!岡田英明氏の経歴は?二人の馴れ初めも調査!

 

なので、ざっくりとしたプロフィールの紹介です。

年齢:39歳

株式会社「クリッチ」元代表取締役

出身地:茨城県

出身大学:駒澤大学法学部

出身高校:常総学院

 

So-netキャンパスサポーターズ 学生起業家サミット(2006年)でゲストとして迎えられた際には、

プロスケートボーダーであり、元学生起業家。現在は大学を卒業し、若手創業経営者として活躍中。

と紹介されていました。

 

現在の年齢が39歳ですから、大学生当時が21歳くらいと仮定すると、2003年〜2004年くらいには学生起業家として会社を立ち上げていたのでしょうか!?

 

クリッチ設立が2005年8月ですから、学生時代からクリッチの元となる起業をし始めていた可能性はありますね。

 

 

岡田英明氏の年収などについてまとめた記事はコチラ!

岡田英明の年収はいくら?片瀬那奈と同棲マンションはどこかも調査!IT企業クリッチの元社長、岡田英明さんの年収はいくらなのか?また恋人の片瀬那奈さんと岡田英明さんが同棲していた東京都のマンションはどこなのか?について調査してご紹介しています。...

岡田英明氏が代表取締役を務めていた「クリッチ」とは?


クリッチはIT会社となっています。設立2005年8月です。


「CONPASS(コンパス)」を活用したデジタルコンテンツ流通事業です。
動画コンテンツを中心として、電子書籍、音楽等の配信を推進します。

「CONPASS」は弊社が提供するデジタルコンテンツ配信パッケージであり、コンテンツ流通にイノベーションを起こすべく、強力なコンテンツラインナップと共にインターネットカフェ・カラオケ・ホテル等の施設内でコンテンツホルダーと各施設がスピーディーに最小限のコストで効果的にコンテンツを提供することが可能です。



サービス設計・マーケティング・アプリケーションの提供・サイト構築・販促物の作成・視聴数の集計・集金・カスタマーサポートまでサービスインから運用までワンストップで支援いたします。

クリッチホームページより引用

 

突然の代表取締役辞任の理由が逮捕の可能性も⁉︎


クリッチのホームページには、2021年6月30日付の株式総会において、代表取締役社長が変わったと書いてありますが、文春の記事には今年の初旬以降内偵を続けており、7月3日に逮捕に踏み切ったと書いてありました。

 

あまりにも、タイミングが良すぎて逆に怪しく思う人もいるのではないでしょうか⁉︎

 

あくまで想像ですが、もしかしたら今回の件を察知して、代表取締役社長を辞任したのかもしれません。

片瀬那奈さんと岡田英明氏の出会いは?


文春によると、
出会いは2015年頃で、音楽好きのという共通の趣味で意気投合し、お付き合いを始めたようです。

 

片瀬さんは10代の頃から野外フェスやクラブに出入りしていたといいますし、テクノ、ハウス、トランスなどの音楽に精通していたそうです。

片瀬那奈さんのInstagramには、スケートボードを楽しむ様子が何度も投稿されていましたが、岡田英明氏もプロのスケートボーダーでしたから、岡田氏の影響で始めたのでしょうね。

 

 

お付き合い中は同棲もしていたようですが、片瀬さんへの影響を考えるとこのまま交際を続けるのは難しいですね。

ちなみに片瀬那奈さんの所属事務所は、今回の報道を受けて、以下のように回答しています。

「すでに交際及び同棲を解消しており、片瀬が家宅捜索などを受けた事実はございません。」 (文春オンラインより一部引用)

あくまで報道前に破局をしていたとのことですが、事実は分かりません。

しかし今回の報道が片瀬那奈さんのイメージダウンにはなったように思います。

現在連続ドラマ「彼女はキレイだった」にも出演中の片瀬那奈さんが、今回の報道でどのように対応されるのか気になるところです。

最後までお読みいただきありがとうございます。