エンタメ

BTSが大統領特別使節に任命された理由とは!?今後の動向や過去の社会貢献活動について徹底解説!

BTSが韓国の文大統領より「大統領特別使節」に任命されたことが発表されました。

今なぜBTSが大統領特別使節に任命されたのか、今後どのような活動を行うのかとても気になります。

ここでは、BTSが大郎朝特別使節に任命された理由や、今後の動向、BTSメンバーの過去の社会貢献活動について徹底解説していきます!

これを読めばあなたもBTSの虜になってしまうかも!?ぜひ最後までご覧ください♪

BTSが大統領特別使節に任命された理由とは?

2021/7/21に韓国の文大統領がBTSを大統領特別使節に任命しました。どのような理由でBTSが任命されたのかをお伝えします。

今回のBTS大統領特別使節は、「未来世代と文化のための大統領特別使節」と言われています。これは、世界的に活躍しているBTSを国家イメージ拡大や外交力強化のため任命したようです。

先日、BTSが発表した新曲「Permission to Dance(PTD)」のミュージックビデオでは、国際手話が用いられていたり、新型コロナウィルスの終息を願うメッセージが込められていたり、今の韓国が持ち合わせている意思と合致するものがあったこと等がBTSの大統領特別使節の任命につながりました。

\新曲「Permission to Dance(PTD)」の国際手話についてはこちら/

BTS新曲PTDの振付師は変わった?バンタンの国際手話ダンスがヤバい!
BTS新曲PTDの振付師は変わった?バンタンの国際手話ダンスがヤバい!BTSの新曲「Permission to Dance」のダンスに国際手話が使われいてカッコイイと世間の注目を集めています。BTSの振付師は変わったと言われていますが、新曲「Permission to Dance」の国際手話はの振付師は誰なのか、バンタンなのか気になります。これまでの国際手話ダンスについてもまとめてみました。...

\新曲「Permission to Dance(PTD)」のダンスイベントについてはこちら/

Permission to Danceチャレンジの参加方法と日程!YOUTUBE shortsでBTSダンス動画を投稿?
Permission to Danceチャレンジの参加方法と日程!YOUTUBE shortsでBTSダンス動画を投稿?BTSの新曲「Permission to Dance」で、MV終了に1秒ほど流れる「Permission to Danceチャレンジ」に話題が集まっています。Permission to Danceチャレンジとはなんでしょうか?YOUTUBE shortsでダンス動画を投稿するのではないかと言われています。今回は、Permission to Danceチャレンジの参加方法や日程を調べてみました。...

BTSの大統領特別使節としての今後の動向は?

これからBTSが大統領特別使節としてどのような活動を行うのかお伝えします。

近々開かれる国連総会にBTSが出席することがすでに決まっています。この国連は2021年9月に行われる予定で、世界各国の若者たちへ癒しと希望のメッセージを届けてくれるようです。

また、BTSは過去にも国連に出席し、スピーチを行ったことが2度あります。

1度目は、2018年9月に「Generation Unlimited(無限の可能性を秘めた世代)」の発足イベントに出席し、BTSメンバーのRMがスピーチを行いました。その時には、RM自身の生い立ちから、BTSとして成功するまで苦悩を伝え、「What is your name? Speak yourself.(あなたの名前は何ですか?自分自身について話してください)」という言葉でスピーチを終えました。この頃からARMY(BTSのファン)の間では「LOVE MYSELF(自分自身を愛そう)」という言葉が頻繁に使用されるようになりました。

BTSの国連出席の2度目は2020年9月です。この時にはすでに新型コロナウィルスが猛威を振るっており、世界各国がパンデミックで混乱に陥っており、大変な状況を生き抜いているすべての人に向け、スピーチを行いました。

この時には、「Life goes on(人生は続きます).Let’s live on(共に生きましょう).」という言葉で締めくくられており、のちにBTSが発売するアルバム「BE」のメイン曲として「Life goes on」が収録されることとなります。

BTSの過去の社会貢献活動について徹底解説!

BTSが大統領特別使節に任命されるには過去にも社会貢献活動があったからなんです。どのようなことを行ってきたのか徹底解説していきます!

まず、BTSは2017年11月から韓国ユニセフのグローバル・サポーターとして活動を行っています。過去2回出席した国連では、このユニセフ協会のグローバル・サポーターとしてスピーチを行ったのです。

さらに2018年4月には、日本ユニセフともパートナーシップを締結、2021年3月にはユニセフとパートナーシップを継続することを発表しました。

ちなみに、ユニセフの募金はすごく簡単にでき、1回限りの募金や毎月一定額を募金することもできます。

インターネット上だけで完結できるので、誰でも簡単にBTSと共に社会貢献活動を行うことができます。

また、BTSメンバーは、各団体へ寄付も行っています。今まで行ったBTSメンバーの寄付の一部をご紹介します。

  • チャイルド・ファンド・コリア(CFK)(J-HOPE)
  • 故郷の大邱市の病院(SUGA)
  • 希望ブリッジ全国災害救護協会(SUGA)
  • 韓国の国立現代美術館(RM)
  • 釜山広域市教育庁(JIMIN)
  • UNICEF HONORS CLUB(JIN)
  • 釜山山火事事件(V&JUNG KOOK)
  • Black Lives Matter(BTS)

また、彼らはファンネーム「ARMY」の名義で寄付するなど、自らが寄付したことを公言することは避けているようです。

さらに、海外公演では、聴覚障害のある団体が参加すると知った際、手話通訳も配置し最大限パフォーマンスを楽しんでもらおうと気遣っていたこともあります。

このようにBTSメンバーの社会貢献活動を目の当たりにしているARMYも、世界各国で寄付の活動が活発に行われており、小学校や病院をBTSメンバーの名前を付けて設立するなど、ファンにも良い影響を与えています。

BTSが大統領特別使節に任命まとめ

ここではBTSが大統領特別使節に任命された理由や、これからの動向、過去の社会貢献活動について詳しくお伝えしました。

  • 2021年9月の国連でスピーチ予定
  • 世界で活躍しているBTSにより、国家イメージ拡大や外交力強化のため
  • 過去2回国連でのスピーチ経験あり
  • ユニセフとパートナーシップ締結中
  • BTSメンバーがいろいろな形で寄付活動
  • 海外公演でも手話通訳を迎えた経験あり

BTSは単なるK-POPアイドルではないことがお分かりになったと思います。今や世界を代表するアーティストとして彼らの活動に目を離せません。韓国だけでなく世界各国に希望を与えてくれる彼らの国連でどのようなスピーチを披露するのか楽しみです。