スポーツ

ローレル・ハバード選手は元男子?性別変更したのはいつ?




重量挙げのニュージーランド代表ローレル・ハバード選手は、トランスジェンダーとして初めてオリンピックに出場することが決まりました!

といっても、ローレル・ハバード選手は男子から女子に性適合手術をしましたので、もともとは男子。

力が強くて他の人が不利になってしまう可能性があるのか木になります。

ということで、今回はニュージーランド代表のローレル・ハバード選手を調べていきたいと思います!




性別変更したのはいつ?

男子から女子に変わるまでは、男子としてとして生まれ育ち名前も「ギャビン・ハバード」でした。

2013年頃ハバード選手は自覚している性別は女子であることを公表しました。

2012年、ハバード選手が35歳のときに性適合手術を経てココロもカラダも女子になりました。

性別適合手術というと、事例が多く安く行えるタイに行く方が多いようですが、ハバード選手がどこで手術したかの情報は見当たりませんでした。

そして手術をきっかけに「ローレル・ハバード」と改名をしました。

選手としての経歴や成績は?

男子として

1998年▶NZ男子105キロ超級部門のジュニアの記録を樹立

具体的な記録は、スナッチは135K、クリーン・アンド・ジャークは170K、合計300キロという記録を達成しました。

女子として

2017年▶オーストラリア国際オープン90キロ超級で金メダル

記録は、スナッチで123K、クリーンアンドジャークで145K、
合計268キロでした。

2018年▶肘の怪我

2019年▶サモア開催のパシフィックゲームズで金メダル。

2020年▶ワールド・カップ(イタリア・ローマ)にて女子87キロ超級の金メダル。

2021年▶オリンピック出場内定

ローレル・ハバード選手のプロフィール

名前:Laurel Hubbard
生年月日:1978年2月9日
出身地:ニュージーランド、オークランド?
職業:重量挙げ(1990年頃から)

ハバード選手のお父さんは、元オークランド市長のディック・ハバードさんで、2004年から2007年まで市長をつとめていました。

また、ハバード選手のお父さんは「Hubbard’s」の創設者です。

もしかしたら、ハバード選手のご両親は優秀な方なのかもしれないですね。

ハバード選手の結婚や子どもの情報については特にありませんでした。

今後、結婚された際も周囲から祝福されること間違いないと思うので楽しみですね♪

まとめ

今回は、トランスジェンダーとして史上初のオリンピック出場を内定した重量挙げ選手、ローレル・ハバード選手を調査しました。

元男子が競技へ参加することは、周囲から様々な意見があるようですがハバード選手らしくいてくれたらなと切に願いします。

最後まで読んでくださってありがとうございます。