エンタメ

肉マイスターとはどんな資格?田辺晋太郎が理事の焼肉コンシェルジュと関係あるの?

小山田圭吾さんの過去に行ったいじめが話題になっていますが、その小山田圭吾さんを擁護した従兄弟(いとこ)の田辺晋太郎さんも大きな話題になっていますね。

田辺晋太郎さんのツイートは大炎上し、アカウントは削除されてしまいました。
削除の真相は、田辺晋太郎ツイッター削除の真相は?まゆゆとはどんな関係?の記事で確認できます。

田辺晋太郎さんは小山田圭吾さんの従兄弟なので音楽関係の仕事をされていますが、わたしが気になったのは「肉マイスター」という肩書きです。

そこで肉マイスターとはどんな資格?職業?なのか今回調べてみました!

肉マイスターって何?って気になる人はぜひチェックしてみてください!あなたも今日から肉マイスターになれるかも!?

田辺晋太郎さんがどんな人かは、以下の記事でチェックできます。

田辺晋太郎の「肉マイスター」とはどんな資格?

結論から言うと、肉マイスターという資格はありません!

肉マイスターという職業もありません!

肉マイスターとは田辺晋太郎さんが自分のことをそう名乗っているだけなのです。または、周囲の人からそう呼ばれたりしているだけでした。

なので、あなたも今日から肉マイスターと名乗ればなれてしまいます!笑

ではなぜ、肉マイスターと自らを呼ぶのでしょうか?

肉マイスターという言葉から連想するに、肉のスペシャリストって意味になりますよね。

実は田辺晋太郎さんは、2014年に「食のコンシェルジュ協会」という一般社団法人を立ち上げており、初代代表理事に就任しています。

自分で立ち上げたので初代理事就任には納得しますが。

  • 名称:一般社団法人 食のコンシェルジュ協会
  • 理事:田辺晋太郎
  • 設立:2014年10月2日
  • 住所:東京都品川区西五反田2-4-2 東海ビル4F ENBUゼミナール内
  • TEL:03-5437-3550
  • FAX:03-5437-3551

どんな活動をしているのか気になりますよね?

食のコンシェルジュ協会の活動内容は、「焼肉コンシェルジュ」という資格検定の実施でした!

そこで、次は「焼肉コンシェルジュ」という資格について調べてみました。

田辺晋太郎が実施する「焼肉コンシェルジュ」とはどんな資格?

田辺晋太郎さんが理事長を務める「食のコンシェルジュ協会」ですが、その協会が実施する「焼肉コンシェルジュ」とはどんな資格なのか紹介したいと思います。

焼肉コンシェルジュには「初級」「中級」「上級」があり、それぞれ以下のような資格内容となっています。

  • 並コース(初級)
    肉や焼肉の基本知識と4種のお肉(ロース、カルビ、タン、ホルモン)の焼き方を学ぶ。
  • 上コース(中級)
    初級を取得した方に向けた特選部位について、肉の知識および肉に合わせた焼き方をマスターする。
  • 特上コース(上級)
    焼肉店を開業できるくらいまでの知識、技術をマスターする。

もう少し詳しくみていきますね。実際の初級の講座内容について詳しく説明します!

【並コース(初級)の講習内容】

  • 焼肉とは
  • 日本の食肉の歴史から焼肉の歴史へ
  • 焼肉の主な部位の特徴、名称、および由来 牛、および豚
  • 牛肉の基本 和牛とは
  • 和牛と国産牛の違い
  • 格付け A5とはなんなのか
  • ブランド牛・・・今や時代はドメーヌ牛へ
  • 熟成肉とは
  • いい焼肉店の見分け方
  • 焼肉の潮流、そして和牛の未来は
  • 焼き方講習
  • 焼き方の基本(正肉、ホルモン主な代表的な部位を通して考察)
  • 火を極める(炭火とガス、ロースターと無煙ロースターその傾向と対策)
  • 質疑応答
  • 資格検定実施

【受講費用】
受講費用:5529円(税込)(田辺晋太郎の本「焼肉のすべて」と検定料含む)

かなりしっかりとした講習内容のような気がしますね!

初級でこれだと中級、上級はどうなるんでしょうか。

気になったのですが、中級と上級の講座内容の詳細は残念ながら見つけることはできませんでした。

資格内容から察するに、中級は「特選部位の知識と焼き方」上級は「焼肉店の開業ができるほどの知識と技術」に伴った講習内容だと思われます。

田辺晋太郎さんは焼肉店をプロデュースしていますから、もちろん焼肉コンシェルジュ上級資格を持っているでしょう。というか自身が資格発行しているから当たり前ですよね。

なお、「焼肉コンシェルジュ」の合格者には合格証書が郵送で送られるそうですよ!

お肉ソムリエ(旧お肉グルメマイスター)とはどんな資格?

「焼肉コンシェルジュ」は田辺晋太郎さんが主宰する「食のコンシェルジュ協会」の資格ですが、肉に関する資格には「お肉ソムリエ」という資格もあるんです。

お肉ソムリエは、以前は「お肉グルメマイスター」という名称でした。

肉マイスターの称号はなんだかこちらの資格の方が近い感じがしますね笑

では、お肉ソムリエ(旧お肉グルメマイスター)とはどんな資格なのか説明したいと思います。

  • 資格:肉ソムリエ
  • 主宰:日本安全食料料理協会
  • 受験料:10,000円(税込)

【試験概要】

お肉ソムリエとは、鶏肉、豚肉、牛肉、馬肉、羊肉、ジビエ、ソーセージやハム、ベーコンなどの加工肉の違いといった、食用の肉全般に関する幅広い知識を有していることを認められた人に贈られる資格です。
それぞれの肉の持つ品種や銘柄ごとの特徴や違い、栄養素、その健康効果やダイエット効果、美容効果、料理方法、下処理の方法、正しい選び方や保存方法などに関して、正確な知識を有し、かつ的確な判断ができることを証明します。
また、お肉に相性のいい食べ物や、効率的な食べ合わせ方法などにかんしても幅広い知識が求められます。

出典元:お肉ソムリエ認定試験

焼肉コンシェルジュとの大きな違いは、

  • 扱う肉の種類
  • 栄養素
  • 健康やダイエットや美容への効果
  • 下処理と調理法
  • 保存方法
  • 肉に相性の良い食べ物

肉に関する全てが学べると言っても過言ではない点でしょうか。

焼肉コンシェルジュは焼肉に特化してますから、肉の全てが学べるわけではないですよね。

しかも主宰している日本安全食料料理協会とは、お肉ソムリエ以外にも様々な資格検定を実施しています。
たとえばコーヒーやお酒、漢方、発酵食品、幼児食、スパイス、お菓子、パン、など実に60個近くの食にまつわる資格試験を実施しているんです。

お肉ソムリエの資格を取れば、普通の飲食店に限らず高級な飲食店でも有利に働くでしょうし、精肉店や加工工場などでも重宝されるでしょう。

肉マイスターを名乗るであれば、ぜひお肉ソムリエを!と言いたくなるのはわたしだけでしょうか。

肉マイスターとはどんな資格?田辺晋太郎が理事の焼肉コンシェルジュと関係あるのかまとめ

田辺晋太郎さんが名乗る肉マイスターとは、資格や職業のことではありませんでした。

誰でも名乗っていい呼び名ではありますが、多少は肉に精通しているといいでしょうね。

また、田辺晋太郎さんは自身が理事を務める「食のコンシェルジュ協会」を設立し、焼肉コンシェルジュという資格試験を実施されています。

それとは別に、日本安全食料料理協会が実施するお肉ソムリエ(旧お肉グルメマイスター)という資格もあります。

肉マイスターを名乗るのは自由ですが、焼肉を極めたいかた、また肉の知識を全般的に極めたい方はぜひチェックしてみてくださいね!