スポーツ

デーデーブルーノ400mリレーメダル功労者になるか?

デーデーブルーノが400mリレーメンバー(第32回夏季オリンピック)に山縣亮太/多田修平/桐生祥秀らと共に選出されました。デーデーブルーノの名前を初めて見た人が多いのではないでしょうか。リレーメンバーとして選出されていても当日走ると決まってはいません。さてどうなるか。

(h2)デーデーブルーノは400mリレーに出場できるか?(\h2)

デーデーブルーノと共に400mリレー代表として選出された他の選手との100mの自己ベスト記録を比べてみました。

・デーデーブルーノ 10秒19

・山縣亮太 9秒95

・多田修平 9秒94

・桐生祥秀 9秒98

全部が直近の記録ではないですが、10秒の壁を破っていないのはデーデーブルーノだけですね。

(h3)他に400mリレーのメンバーになり得そうな選手(\h3)

・サニブラウン・ハキーム 9秒97

・小池祐貴 9秒98

 

(h2)デーデーブルーノが400mリレーに何故選ばれたのか?(\h2)

デーデーブルーノは100mの自己ベストは10秒19、200mが20秒63ですが、

日本選手権で2位になった時のデータでは、後半に減速しない強さがあっったということです。

尚且つ、東海大学でアンダーハンドパスを採用した高野進コーチの指導を受け、大学のチームでアンダーハンドパスに慣れているため選ばれたと見られています。

いずれにせよ、400mリレーは当日の調子で最終メンバーが決まります。誰が走っても

応援したいものです。

 

(h2)デーデーブルーノの経歴と記録(\h2)

デーデーブルーノを知っていましたか? サニブラウン・ハキームじゃないの?と思った人は少なくはないのではないでしょうか。多少なりとも陸上競技を見てきた方なら、デーデーブルーノと言う名前を聞いて驚いた事でしょう。何しろ、前のリオデジャネイロのオリンピックや何年もの間陸上競技大会で名を轟かせていた選手の中に、ほぼ初見に近い名前が入っていたのですから。そこでデーデーブルーノの経歴を見てみました。

 

(h2)デーデーブルーノ経歴(\h2)

名前 デーデーブルーノ(DEDE Bruno)

生年月日 1999年10月7日

年齢 21歳

学歴 東海大学体育学部4年

身長 177cm   体重 77kg

出身 長野県

父親 ナイジェリア  母親 日本

現役の大学生です。それならば他の選手達のように高校時代、大学での大会記録で上位にいても不思議じゃないのですが、あまり記録がありません。

(h2)デーデーブルーノ 陸上競技との出会い(\h2)

デーデーブルーノは高校1年時はサッカー部に所属していたのですが、思う成果があげられなかったのか退部。その後はハンバーグ屋さんでアルバイトをしていたそうです。そんなデーデーブルーノを見て、彼がハンバーグに注ぐのは勿体ないと思った友人の小口君が彼の運動能力を活かすべきだ考え、陸上部に勧誘したそうです。陸上部監督からの勧誘ではなくて友人の誘いだったとは意外で興味深いです。

(h2)デーデーブルーノの指導者(\h2)

高校2年から素晴らしい成長を遂げたデーデーブルーノ。この短期間での成長を導いた指導者は誰だったのでしょう。高校卒業後 東海大学に進学し、短距離を学びました。

・高野進  バルセロナ五輪 400m決勝進出8位入賞

指導者として 末續慎吾を世界選手権200mの日本人初メダリストへと導いた。

・塚原直貴 北京オリンピック 100m準決勝 4x100mリレー2位

などから指示されたそうです。お二人とも元オリンピック選手という経歴を持つ指導者で、オリンピック経験者に巡り会えたことは彼の人生にとってラッキーなことでしたね。