イベント

IOCバッハ会長ホテルどこ?オークラか帝国ホテルか/滞在中のスケジュールは?

東京五輪の開催が2週間を切り、IOCバッハ会長が7月8日に来日しました。

来日してから3日間の待機をしたのち、16日に広島・長崎へ訪問予定になっています。

その広島・長崎訪問に反発するように、11日にバッハ会長が宿泊しているホテル前では反対デモが。

そこで、今回の記事では、IOCバッハ会長ホテルどこ?かや滞在中のスケジュールについて調べました。

結論:バッハ会長の滞在ホテルはホテルオークラ

IOCバッハ会長ホテルどこ?オークラか帝国ホテルか

結論から言えば、IOCバッハ会長が宿泊しているホテルは、虎ノ門のホテルオークラです。

なぜなら、どこのホテルに向かっているかニュースの報道やSNSで分かったため。

 

先導のパトカーと黒塗りのSP車両に挟まれながら宿泊する5つ星ホテル「The Okura Tokyo(オークラ東京)」へ車で向かったバッハ会長。ホテルへ到着すると、待ち構えていた報道陣に車の中から笑顔で手を振るという“サービス精神”まで見せていた。

引用元:Yahooニュースより

 

 

では、なぜ虎ノ門のホテルオークラだったかというと、以下の通り。

・最高級の5つ星ホテルで、各界の要人やVIPをお迎えしてきた実績

・近くにはアメリカ大使館もあり、普段から警備がとても厳しい。

ホテルの敷地を取り囲むようにして、20mごとに警官が配備。

その数は20名で、敷地の近くに車が停まろうとすると、すかさず警官が声をかける“超厳重警備”です。

 

このように、ニュースやSNSの情報によって、IOCバッハ会長の宿泊先は「虎ノ門のホテルオークラ」と判明しています。

バッハ会長の先祖は音楽家?家族や経歴と年収についての調査結果が驚愕!IOCのバッハ会長の先祖は音楽家?という気になる情報を見つけました! そこで今回は、バッハ会長の先祖や家族について調べます。 バッハ会長の経歴も凄かったので、バッハ会長の経歴や気になる年収についても調べます。 バッハ会長の先祖は音楽家?家族や経歴と年収についての調査結果が驚愕!というタイトルでまとめます。...

IOCバッハ会長ホテルどこ?デモが行われた?

IOCバッハ会長が宿泊しているホテルが分かったため、7月10日に反対デモが行われていました

 

なぜなら、7月16日に五輪休戦決議開始を記念として、被爆地の広島や長崎へバッハ会長は訪問する予定のため

 

ただでさえ反感を買っていたことに対して、火に油を注ぐ形になり反対デモが行われているんです。

 

今後も23日の開会式当日まで、五輪開催に反対する団体が集結することでしょう。

IOCバッハ会長滞在はいつまで?滞在中のスケジュールは?

 

さて、五輪開催まであと2週間を切りました。

IOCバッハ会長の滞在中のスケジュールは、以下のとおりになっています。

・7月8日に来日。

・ホテルオークラにて、7月8日~11日まで3日間の待機。

・7月16日に五輪休戦決議開始を記念として、被爆地の広島や長崎へ訪問予定。

・7月17日に都内にてIOC理事会と総会があります。

・7月20日にIOC総会があり、宿泊ホテル内で開催されます。

・7月23日に東京2020オリンピックが開催されます。

 

少なくとも、東京2020オリンピックが開催されるまでは日本に滞在するでしょう。

ホテルも変更することもないと考えられます。

 残りの12日間は、少なくともホテルオークラに滞在することでしょう。

IOCバッハ会長ホテルどこ?のまとめ

ということで、まとめます。

・IOCバッハ会長の滞在するホテルは“虎ノ門ホテルオークラ”。

・普段から、警備が厳重なで警備のしやすい場所でもあるため。

・7月16日に五輪休戦決議開始を記念として、広島・長崎に訪問予定。

・広島・長崎訪問に対することや、五輪開催に反対することにデモが起こっています。

・滞在中のスケジュールは以下の通り

7月16日:広島・長崎へ訪問予定

17日:IOC理事会と総会

20日:IOC総会、ホテルオークラで開催

23日:東京2020オリンピック開催

 

東京2020オリンピックが開催されるまで、反対するデモは増えていくことでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

オリンピックチケット2021払い戻し忘れたら?払い戻し期限はいつまでオリンピックのチケット払い戻したいけど、方法はどうすれば良いのでしょうか? 払い戻しの期間は、いつからいつまでなのでしょうか? この記事はそんな疑問にお応えする記事です。...