エンタメ

呪術廻戦153話ネタバレ最新確定と感想は?天元の元に危険が!

呪術廻戦ネタバレ最新確定と感想

週刊少年ジャンプにて連載中の呪術廻戦!

前話152話では、直哉にトドメを刺したのは真希の母親でしたが、禪院家の屋敷にいる全ての者を殺した真希は、真依を連れて屋敷を出ました。

屋敷に駆けつけた西宮に真依の遺体を預けた真希は、そのまま姿を眩まします。

その後、屋敷外にいた全ての禪院家の者たちが、呪力のない何者かにより殺害されました。

現場には呪具を使った痕跡がかすかに残されていたのでした。

それでは、この記事では、呪術廻戦【153話】の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。(▷確定は発売後に追記します)

呪術廻戦153話ネタバレ最新確定「天元の元に危険が迫る?」

現在天元がいる薨星宮には九十九由基と脹相が残り、天元のことを守っています。

そこに何者かが来ないかが気になりますね。

死滅回遊に参加した者はそこから出ることが出来ないため羂索なる人物も天元の元には来られません。

しかし今動いているのは羂索だけでなく、呪術総監部もいます。日本のための行動しているかに見える総監部も結局考えているのは自分の保身のみ。

天元の力を利用しようと薨星宮に攻めいって来る可能性があります。

呪術廻戦153話ネタバレ最新確定「大切な人を失って・・・」

真希は禪院家の屋敷にいる間に真依を失いました。また、パンダも生みの親とも言える夜蛾を失っています。

他に死亡したのは釘崎、七海などこの戦いでは既に多くの命が奪われています。

虎杖は宿儺が多くの命を奪ったことで心が折れそうになるも、七海がかけた呪いのために戦いを辞めません。

真希も真依による呪いをかけられていますが、これは既に禪院家を壊滅させたことで既に解けたと言えます。

大切な人を失ったことが戦う理由をくれていた訳ですが、その呪いが解けた時にそれぞれがどのような行動を取るのかが気になります。

呪術廻戦153話ネタバレ最新確定「乙骨が来栖華を発見!」

先に死滅回遊に参加している乙骨は、五条の封印を解くために必要なもう1つの手段である来栖華を捕まえ、説得しなければなりません。

天使と呼ばれる来栖華ですが、そもそも彼女は本当に人間であるのかが気になるところです。

簡単にいうことを聞いてくれれば一番ですが、それも難しいでしょう。

更に羂索が獄門彊裏の存在に気づいており、五条の封印を解くことを阻止しようとする可能性もあります。

来栖華が羂索に捕まる、もしくは殺される等の理由で、来栖華を使って五条の封印を解くことは出来ないのかも知れません。

まとめ

この記事では、呪術廻戦【153話】の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

現在休載中ですが、その後の展開がとても気になります。早く再開してくださることを待ち望んでいます。▶8月2日発売のジャンプより掲載予定

ここまでお付き合いくださりありがとうございます。