政治経済

木下ふみこの経歴(wiki風プロフ)紹介!辞職をしない理由とは?

東京都議の木下ふみこ議員が無免許で交通事故を起こしていたことがわかりました。
免許停止期間に無免許運転をしていたのは、議員としてあるまじき行為。

そのうえに事故も起こしてしまうとは。
そこで、木下ふみこ議員がどんな方なのか気になりますよね。

今回は木下ふみこ議員の経歴(wiki風プロフ)は?家族構成、離婚した旦那が誰なのか?
また、辞職をしない理由を紹介します。

木下ふみこの経歴(wiki風プロフ)は?

東京都議である木下ふみこ議員はどのような人なのでしょうか?
木下ふみこ議員の経歴をwiki風プロフのように紹介していきます。

名前:木下富美子(きのしたふみこ)
生年月日:1966年10月13日
出身:愛知県名古屋市
出身中学:名古屋市立千草台中学校
出身高校:名古屋市立陽高等学校
出身大学:東京外語大学
前職:株式会社博報堂
所属:都民ファーストの会

木下ふみこ議員は東京外語大学出身で、在学中にはスペイン留学もしている才女。
大学卒業後は大手広告代理店企業である博報堂に入社しています。

1990年に博報堂に入社し、入社4年目で香川県高松市に転勤したことで、博報堂における女性転勤の先駆者となっています。

政治に興味を持ち始めたのは2003年、当時環境大臣であった小池百合子都知事が手掛ける「クールビズ」キャンペーンに参画した頃からと思われます。

「みんなの力で未来を創る」をテーマに、14年間で全国32か所の住民参加型まちづくり・価値づくりを実践してきました。

2012年には内閣府男女共同参画局に出向し、女性の活躍促進対策、ダイバーシティ政策の企画立案を担当します。
この活動は2014年まで続き、広報の責任者も務めています。

さらには2015年には内閣官房まち・ひと・しごと創生本部より派遣、北海道江差町顧問となります。
2016年には小池百合子都知事主催の「希望の塾」に入塾し、本格的に政治家を目指します。

2017年には都民ファーストの会公認で板橋区選挙区で立候補、一位で初当選を果たしました。
2018年には都民ファーストの会東京都議団の副幹事長に就任しています。

このような輝かしい経歴を持ちながらも、2021年7月4日に再選したにも関わらず、翌日に無免許運転の交通事故を起こしたことが報じられ、同日付で都民ファーストの会を除名処分となりました。

木下ふみこの家族構成は?元旦那とは?

木下ふみこ議員の家族構成を紹介します。
木下ふみこ議員は結婚しており、娘さんが一人いるようです。

そのため家族構成としては木下ふみこさん、旦那さん、娘さんの3人家族です。
娘さんは現在20歳前後になっているようです。

ここから計算すると、娘さんが生まれたのは2000年前後だと思われます。
2000年前後は博報堂社員としてバリバリ働いていた時期だと思います。

旦那さんの仕事を支えつつ、子育てをしながら自分の仕事をこなすという、忙しい日々を送っていたのでしょうね。

なお、旦那さんとは現在離婚しているようです。
この旦那さんは誰なのか?という点ですが、こちらは調べても出てきませんでした。

そのため議員などではなく、一般の会社員であることが予想されます。
離婚の原因も不明ですが、木下ふみこ議員は当時博報堂に勤めていたので仕事も多忙を極め、旦那さんとのすれ違いも多かったのではないでしょうか。

木下ふみこは事故を起こしたことを隠して選挙を迎えた?


木下ふみこ議員は7月2日に事故を起こしており、都議選はその後の7月4日。
普通に考えると、事故がばれたら都議選には選ばれないという打算が働いたために、意図的に隠蔽したのではないか?と思いますよね。

しかも、免停中に起こした事故とのことですが、「停止期間を勘違いしていた」と弁明しています。
このようなことは普通はあり得ないですよね。

都民ファーストの会は除名処分にしたものの、辞職については木下ふみこ議員本人が否定しています。
これに対して、非難が殺到しています。

なぜ辞職をしないのでしょう?
この理由としては、「3か月以内に辞職すると自民党候補が繰り上がる」ためのようです。

議席を守るための、まさに政治的判断が働いたということが考えられます。
しかし、多数の非難が殺到しているため、この後に辞職します、というニュースが報じられる可能性も高いものと思われます。

事故を起こしながらもそれを隠蔽し、当選発表を流した木下ふみこ議員。
さらには6月中にもハンドルを握る姿を目撃したとの証言もあるようです。

政治家のコンプライアンスは、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか。

木下ふみこの経歴(wiki風プロフ)紹介!辞職をしない理由とは?まとめ

東京都議の木下ふみこ議員の経歴(wiki風プロフ)や、家族構成や元旦那は誰か?そして辞職しない理由は?についてまとめてみました。

免停になりながらも事故を起こしてしまうというのは、普段から運転があらっぽかったのでしょうか。
辞職はしない、とのことですがこの先もそれを貫き通せるのかが見ものですね。