生活

ディズニーチケットの値段の推移は?値上げする理由は何?

 

2021年10月1日から値上げが発表されている東京ディズニーリゾート。

度々値段が上がっている気がしますが、ディズニーチケットの値段の推移が気になりませんか?

そして値上げの理由は何なんでしょうか。

この記事でわかること
  • ディズニーランドチケットの値段の推移
  • ディズニーランドチケットを値上げする理由

以上の疑問についてまとめてご紹介していきます!

ディズニーチケットの値段はいくら?

ディズニーのチケットの値段があがると、2021年10月1日にオリエンタルランドより発表がありました。

現在ディズニーのチケットは混雑状況などで日にちによって値段が異なる価格変動制となっています。

2021年10月1日からのディズニーチケットの値段は以下の通りです。

パスポートの種類 大人 中人 小人
1デーパスポート 7,900 6,600 4,700
8,400 7,000 5,000
8,900 7,400 5,300
9,400 7,800 5,600
午前10時半~

パスポート

7,400 6,200 4,400
7,900 6,600 4,700
8,400 7,000 5,000
8,900 7,400 5,300
正午12時~

パスポート

6,900 5,800 4,100
7,400 6,200 4,400
7,900 6,600 4,700
8,400 7,000 5,000

 

2021年10月1日からの大人の1デーパスポートは、7900円~9400円の間で変動制になっています。

今までの値段は、大人が8200円/8700円だった為、最安値は新料金の方が300円安くなっていますね!!

逆に最高値は新料金の方が、700円高くなっています。

値上がりという報道でしたが、安くなっている日もあるんですね!!

ディズニーチケットの値段の推移は?

続いて、今までのディズニーチケットの値段の推移についてご紹介していきます!!

2021年の今では1万円近い値段ですが、なんと昔は3900円で入場できたんだとか!!

昔のディズニーチケットの値段から見ていきましょう。

日付 値段(最高値) 差額
1983年 3,900円 ー円
1987年 4,200円 +300円
1989年 4,400円 +200円
1992年 4,800円 +400円
1996年 5,100円 +300円
1997年 5,200円 +100円
2001年 5,500円 +300円
2006年 5,800円 +300円
2011年 6,200円 +300円
2014年 6,400円 +200円
2015年 6,900円 +500円
2016年 7,400円 +500円
2019年 7,500円 +100円
2020年 8,200円 +700円
2021年3月 8,700円 +500円
2021年10月 9,400円 +700円

 

ディズニー開園時から2021年10月まで、実に5,500円もの値上げとなっています!

そして1年間のうちに2回の値上げがあったのは今回が初めて。

2020年のときと同じ700円の値上げで最高値となりました。

あまり値段が上がってしまうと、だんだんディズニーに行くハードルが上がっていってしまいますね。

それでも、9400円を払って夢の国で1日楽しく遊べるということを考えると、今までが安かったのかもしれません。

ディズニーチケットを値上げする理由は何?

ディズニーチケットを値上げする理由は何なんでしょうか?

主に挙げられているのは、ディズニーランド、シーのエリア拡大のためです。

特にディズニーシーは新エリアとして「ファンタジースプリングス」をオープンすることを発表しています♡

アナと雪の女王や塔の上のラプンツェル、ピーター・パンのアトラクションやレストランが入るようで、絶対可愛いエリアになりますよね!!

特に女の子は大興奮なんじゃないでしょうか♡

この新エリア「ファンタジースプリングス」は2023年にオープンするようです!

 

また、混雑する日に料金を高くすることで、人が集中するのを緩和する目的もあるのではないかと考えられます。

コロナ渦ですし、密はできるだけ避けたいですよね。

まとめ

今回は、ディズニーチケットの値段の推移や、値上げする理由を調べてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

昔は今の半額程度でチケットを購入できたというのが驚きでしたね!

今後の新エリアのオープンを楽しみに待ちましょう♡