エンタメ

わるいこあつまれの次回放送はいつ?次回予想と初回の内容も紹介!

赤ちゃんが大好きな番組「いないいないばあっ!」の後に、いきなり現れた慎吾ママ…!

 

先日、予告なしにeテレで放送された「ワルイコあつまれ」ですが、前触れなくいきなり始まった放送の仕方も、まさに「ワルイコ」がしでかしたようで、話題になりましたよね!

 

番組では「ワルイコ」=「好奇心を持って多様な価値観に触れようとするすべての人」という意味だそうで、実際に見てみましたが、一味違った子供向け番組で面白く、次回も気になります!

 

今回の記事では、気になる次回の放送予定はいつなのか?また、次回の内容の予想と、初回のエピソードを詳しく紹介していきます。

 




わるいこあつまれの次回放送はいつ?

 

 

ワルイコ集まれの次回放送は以下になります。Eテレにて放送されます。

 

920日(月・祝)  19:25~

923日(木・祝)    9:00(再放送分)

 

 

次回放送は日にちが異なりますので要注意ですね。

 

また、先に放送されるのが夜の時間帯、再放送分が朝の時間帯なので間違えないように気をつけてください

 

万が一見忘れた場合は、NHKプラスで一週間程度は見逃し番組配信をしていますので見てみてくださいね!

 




 

わるいこあつまれの次回予想!

 

 

公式サイトや初回の内容を調べたところ、次回の番組は以下の構成になるのではないか?と予想します。

 

・慎吾ママの部屋

・こども記者会見

・好きの取調室

・おとなのダンス音楽

 

1つずつ見ていきましょう!

・慎吾ママの部屋

慎吾ママが、超ビックな偉人さんに当時のエピソードを聞くコーナーです。

 

これは公式サイトに説明はなかったのですが、初回の慎吾ママの部屋で、「最後に次回は渋沢栄一さんに来てもらう」と言う話が出ていました。

 

渋沢栄一と言えば、稲垣さんが徳川慶喜として出演されている大河ドラマ・「青天を衝け」の主人公ですよね!

 

調べてみたところ、

渋沢栄一の子供の頃の役を演じた、小林優仁さんが出演されるのではないか?ということが分かりました!

 

小林優仁さんが、このようなTwitterをあげていらっしゃいます。

 

 

出演予定とTwitter内にありますので、小林優仁さんで間違いないのでは?と思います。

 

こどもたちにとって同年代ですし、親近感をもって見れそうですよね!

 

こども記者会見

 

こども記者会見では、第一線で活躍されている著名な方に子供たちが記者になって質問するというコーナーです。

 

新谷 学さんが出演されるようです。

 

新谷学さんといえば、現在『週刊文春』編集局長で、雑誌編集長として数々のスクープを放ってきた方!

 

編集者と言う仕事についてはもちろん、プロとしての心構えなど、仕事術のようなお話も聞けるのでは?と期待しています。

 

また、とてもおしゃれな方だそうで、プライベートな質問では洋服の話も聞けるかもしれませんね

 

好きの取調室

 

好きの取り調べ室では、草薙さん扮する取調官が好きなことを仕事にしている人に取り調べをしていくコーナーです。

 

京都大学霊長類研究所准教授の西村 剛さんが登場されます。

 

 2020年度イグノーベル音響学賞を受賞された生物学者の方だそうで、

 

「ワニも、ヒトと同様に、ヘリウムガスを吸うことで声が変わる」原理を明らかにした研究をしているそうです!

 

イグノーベル賞とは、人々を笑わせ、そして考えさせる研究に贈られる賞のことです。

 

好きの取調べ室、でワニの声が聞けるのでしょうか?!気になります!

 

おとなのダンス音楽

 

次回のおとなのダンス音楽では、草薙さんが登場する予定です。

 

初回は香取さんだったのですが、今回はどのような歌で魅せてきれるのでしょうか!

 

 




わるいこあつまれの初回の内容をご紹介!

 

ここからは初回分を見逃した方向けに、私が実際に視聴した内容をお伝えしていきますね

 

以下のコーナーがありました。

 

・慎吾ママの部屋

・芸能界むかしばなし

・おとなのダンス音楽

・国宝だって人間だ!

 

1つづつお伝えしていきますね

 

慎吾ママの部屋

 

初回の慎吾ママの部屋では、慎吾ママが草薙さん扮する江戸幕府15代将軍・徳川慶喜にインタビューをしていくコーナーでした。

 

なぜゲストが徳川慶喜なのか疑問に感じるかもしれませんが、現在放送中のNHKの大河ドラマ「青天を衝け」で、草薙さんが演じていらっしゃるんです。

 

徳川慶喜の生きる時代と、今子供たちが生きる時代のギャップについてや、徳川慶喜の趣味についてお話ししていました。

 

慶喜公は多趣味だったそうで、狩猟、囲碁、釣り、自転車など楽しまれていたそうです。

 

カメラと絵画に関しては作品が残っていて紹介されていましたが、とってもお上手で驚きました!

 

写真の構図はバッチリで、絵画は緻密に描かれていて、その道のプロのような仕上がり!

 

多彩なお方だったんですね〜。

 

こういう事は社会の教科書では習いませんよね。

 

歴史的偉人でも普通に趣味はあることを知って身近に感じ、歴史に興味をもつきっかけになるのではと感じました!

 

 

芸能界むかしばなし

 

芸能界むかしばなしは、図書館で稲垣さんが読み聞かせをしてくれるコーナーです。

 

勝新太郎さんに関してのお話でした。

 

勝新太郎さんと言えば、俳優・歌手・映画監督などで活躍した、昭和を賑わせたレジェンドですよね。

 

スキャンダルも多かったようですが、みんなに愛された国民的スターで、中村玉緒さんの夫です。

 

勝さんが駆け出しの頃全く売れなかったと言う話や、

 

仕事以外のプライベートでも、「勝新太郎」としてのイメージを貫いて「豪快で痛快な男・勝新太郎」を演じきっていたというお話を、子供がわかる言葉でゆっくりとお話していました。

 

世間の一般常識の枠にはまらない人物像に、大人もこどももびっくりです!

 

おとなのダンス音楽

 

初回のおとなのダンス音楽は、香取さんが担当。

シリシリダンス〜という面白い歌詞の音楽にあわせて子供とダンスしてました。

少しの間なので、番組の箸休め的な位置づけでしょうか。

これから何度もテレビで放送されるとしたら、子供が覚えて楽しく踊れそうなダンスでした。

 

国宝だって人間だ!

国宝だって人間だ!のコーナーでは、美術館に行った子供たちが人間国宝に認定される予定の桐竹勘十郎さんと出会い、素朴な質問をしていくコーナーです。

 

桐竹勘十郎さんは、今年重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)に認定される予定の、人形浄瑠璃文楽座の人形遣いの方です。

 

人形浄瑠璃文楽座では、「三人遣い」という3人で1体の人形を操る世界でも目珍しい技法ですが、人形が本当の人間のように動くんです!

 

その道54年の桐竹さんの操作で、人形が笑う、なく、悔しがるという表情で表現していましたが、人形の表情まで変わるように見えましたよ!

 

もちろん子供たちも釘付けです!!

 

そんなプロを目の前にして、こどもの頃の夢は漫画家であったことや朝ごはんはパン派だというお話を聞いて、国宝だって人間だ!ということを再確認していきます。

 

どんなに凄い方だって、もともとはみんなこどもですもんね

 

最後に、絶対にロボットには負けたくないので今も毎日修行をしていますとおっしゃったのが心に残りました!

 

ワルイコあつまれの初回の内容の感想

 

ワルイコあつまれの初回を見て思ったのが、子供だけではなく大人も楽しめるような気づきがたくさんある番組だということです。

 

本気になって仕事しているプロの方のお話を聞くのはとても刺激的で教育的なことだと思います。

 

親子でそのような貴重なお話を聞いて、感想を後で言い合うのも良いかもしれません。

 

また、初回のワルイコ集まれは、特に美術や芸能に関しての話題が多かったです。

 

「美術や芸能」と聞くと、現状の日本の教育では、美術の専門学校などの特殊な環境に身を置かない限り、自分の生活とはかけ離れた世界に感じる人も多いかもしれません。

 

でも、芸能や美術は多様な視点を持ち、多様性を受け入れる土壌を作るのにとても大事な教育です。

 

普通の学校では、残念なことに芸術に触れる機会が乏しいんですけどね…

 

このようなテレビ番組があれば、こどもが幼いうちから美術や芸能を身近に感じることできて、とても良いと感じました!




ワルイコあつまれの次回放送はいつ?次回予想と初回の内容も紹介!まとめ

 

今回の記事では、ワルイコあつまれの次回放送はいつ?次回予想と初回の内容も紹介してきました。

初回のワルイコ集まれは特に美術や芸能に関してのお話が重でしたが、次回はどのようになるのでしょうか?

この番組は次回までしか予告されていませんが、ぜひ継続して放送されることを願っています!

次回の放送もとっても楽しみですね