エンタメ

新浪剛史(サントリー社長)の年収がヤバい!経歴や評判も凄かった!

新浪剛史(サントリー社長)の年収がヤバい!経歴や評判も凄かった!

サントリーの5代目社長である新浪剛史社長が、45歳定年制の導入を検討していると話題になっています。

新浪剛史社長とは一体どんな方なのでしょうか?

サントリーはこれまで初代社長の鳥井社長の頃からの同族経営でしたが、5代目社長は初の親族以外の社長となります。

そんな新浪剛史社長の年収がヤバイと有名です!

経歴や評判についても気になりますよね。

今回は、新浪剛史社長の年収、経歴や評判について気になることをまとめていきたいと思います!

新浪剛史(サントリー社長)の年収がヤバい!

サントリー社長の新浪剛史社長の年収については公にしている情報がなかったため、あくまで推定年収ということでお話をさせていただきます。

サントリー社長である新浪剛史社長の推定年収は、1億5000万以上だと言われています!

ちなみに新浪剛史社長は以前ローソンの代表取締役でした。

その頃の役員報酬が公表されていて、2014年2月期が1億9500万円で、2015年2月期が1億1600万円の報酬額でした。

現在のサントリーの社長の役員報酬は開示されていませが、日本を代表する大手企業の社長ですし、ローソンの頃と同じくらいの役員報酬はあるものと推測できます。

新浪剛史社長はサントリーの株を保有しており、保有株は62.5万株数ということでした。

サントリー株が上昇すれば、金額にするとおよそ9億円ぐらいの価値になるそうです。

本当に桁違いの役員報酬をもらっている経営者ですよね!

新浪剛史(サントリー社長)の経歴は?

サントリーの社長である新浪剛史社長の経歴をご紹介します。

  • 1980年9月 スタンフォード大学留学1981年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
  • 1981年4月 三菱商事株式会社入社。砂糖部海外チーム配属。
  • 1991年5月 ハーバード大学経営大学院修了(MBA with honors取得)
  • 1995年6月 株式会社ソデックスコーポレーション(現・株式会社LEOC)代表取締役就任
  • 1999年7月 三菱商事株式会社生活産業流通企画部外食事業チームリーダー就任
  • 2000年4月 同社ローソンプロジェクト統括室長兼外食事業室長就任
  • 2001年4月 同社コンシューマー事業本部ローソン事業ユニットマネジャー兼外食事業ユニットマネジャー就任
  • 2003年5月 株式会社ローソンの経営に専念するため三菱商事退職
  • 2003年5月 株式会社ローソン代表取締役社長兼CEO就任
  • 2014年8月 サントリーホールディングス株式会社顧問
  • 2014年10月 サントリーホールディングス株式会社代表取締役社長に就任

とても華々しい経歴ですよね。

高校時代はスポーツ万能でバスケで国体代表になったり、野球・サッカー・ラグビーをしている活発な青年だったようです。

ただバスケでは、残念なことに膝の怪我によって表方には出れなくなり、運営側や予算管理の裏方を経験することとなります。

でもそれが結果的に今の新浪剛史社長を育てる良いご経験になったのかもしれませんね!

慶應義塾大学卒業後は見事三菱商事に就職します。

ただ、配属された部署はまさかの「砂糖部」という部署でしたが、新浪剛史社長は瀕死の状態から利益を出すことになり、大成功をおさめます。

その後、1991年にハーバード大学経営大学院に進学します。

そして縁あることに、三菱商事が売却した、当時思わしい業績ではなかったローソンの社長に就任することとなります。

ローソン社長就任時からサントリー社長の佐治信忠さんと面識があり、ずっと佐治信忠さんから「サントリー社長にならないか?」とアプローチを受けていました。

その後、ローソンの業績などを見事回復させた後、2014年にサントリー初の創業家親族以外である社長に就任するという、華々しくもありつつ波乱万丈な経歴の持ち主です。

新浪剛史(サントリー社長)の45歳定年制発言をした評判は?

新浪剛史社長については、SNS上では色々な意見がありました。

新浪剛史社長の「45歳定年制発言」に関しては、わりと厳しめの意見が多く、「賛同できない」「そういうあんたは何歳?」などという声がありました。

ただ一方で、リーダーとしての資質などに対しても「凄い」「メリットはある」「着眼点が良い」などという声もありました。

影響力のある人だからこそ、発言には注意が必要ですが、新浪剛史社長は政策や会社経営に対して相当な信念を持っての上でのご発言だと思いますね!

新浪剛史(サントリー社長)のプロフィール

  • 名前:新浪 剛史(にいなみ たけし)
  • 生年月日:1959年1月30日
  • 出身:神奈川県横浜市
  • 身長:182cm
  • 体重:96キロ
  • 学歴:慶應義塾大学、ハーバード大学経営大学院

新浪剛史社長は、現在はサントリーホールディングスの社長を務めていますが、過去にはローソンの代表取締役兼CEOを勤めていたこともあります。

最終学歴も慶應義塾大学とハーバード大学経営大学院と、とても優秀で高学歴な実業家ですよね。

新浪剛史社長には弟がおり、新浪博士さんは心臓外科医として埼玉医科大学でご活躍されています。

本当に頭がよく、秀才兄弟ですよね。

新浪剛史(サントリー社長)の年収がヤバい!経歴や評判まとめ

新浪剛史社長の推定年収はおよそ1億5,000万以上はあると言われておりました。

経歴についても華々しい経歴をお持ちでしたが、意外にも苦労した経験や下積み経験などもあり、ただのエリートというわけではなく、たくさんの努力や泥臭いこともされている強靭な方だということもわかりました。

ただ、今回の45年定年発言についての評判は、内容が内容なだけに、世間からはあまり思わしくない反応でしたね。

ただ、そのご発言の陰には、新浪剛史社長の信念や覚悟があるのだと思います。

これからも、新浪剛史社長の動向には目が離せませんね!

最後までご覧いただきましてありがとうございました。