政治経済

国民栄誉賞を辞退した人は誰?ふさわしくない人はいるの?

国民栄誉賞を辞退した人は誰?ふさわしくない人も調査!

2021年は東京オリンピックが開催され、金メダルを獲得した選手も過去最多となりましたね。

選手の皆さんは国民に勇気と希望を与えてくれました。

そこで気になるのが、次の国民栄誉賞は誰が受賞するのかということですが、過去には、この名誉ある国民栄誉賞を辞退した人がいるようです。

そこで今回の記事では、国民栄誉賞を辞退した人は誰なのか、また、受賞にふさわしくない人も調査しました。

国民栄誉賞を辞退した人は誰?

国民栄誉賞は日本の内閣総理大臣表彰の1つであり、日本を代表する賞です。

国民栄誉賞を受賞することは偉大かつ光栄なことですよね。

受賞できるのであれば、必ず受け取りたい賞だと思います。

しかしながら、驚くべきことに、これまでに国民栄誉賞を辞退した人が3名いることが判明しました。

一体誰が辞退したのでしょうか?

<国民栄誉賞を辞退した人>

  • 福本豊さん
  • 古関裕而さん
  • イチローさん

福本豊

福本豊さんはプロ野球選手として活躍し、1983年に6月に939盗塁を達成し、世界記録を樹立しました。

その功績を称えて、当時の総理大臣だった中曽根康弘さんから国民栄誉賞を打診されています。

それに対して、福本豊さんは「そんなんもろたら立ちションもでけへんようになる」と冗談交じりに語っていたそうですが、

実際は福本豊さんよりも先に国民栄誉賞を受賞した同じくプロ野球で活躍した王貞治さんと比較して、「王さんのような野球人になれる自信がなかった。記録だけでなく広く国民に愛される人物でないといけないと解釈した」という理由で国民栄誉賞を辞退しています。

古関裕而

古関裕而さんは日本の作曲家として活躍されました。

国民栄誉賞を打診された時にはすでに、本人は逝去されており、遺族の方々に授与を打診しています。

しかしながら、古関裕而さんのご家族であった長男が「本人が元気に活動している時ならともかく逝去した後に授与することに意味があるのか」と疑問に感じたこともあり、本人の意思とは関係なく、ご遺族の方が国民栄誉賞を辞退されています。

古関裕而さん本人が生きている間に受賞が決まっていれば、辞退はされなかったかもしれませんね。

イチロー

イチローさんはメジャーリーグでも活躍したプロ野球選手でした。

2001年にはメジャーリーグで日本人で初めてとなるMVPを獲得するなど大活躍を見せたことで、国民栄誉賞の授与を打診されましたが、現役で若かったということもあり、辞退しています。

また2004年にはメジャーリーグのシーズン最多安打を記録したことで再度授与を打診されましたが、野球を続けている間は受け取らないことを理由に2回目の打診を辞退しています。

2019年3月に現役を引退しましたが、当初イチローさんが「野球人生が終わったときにいただけるよう頑張りたい」とコメントしていたことを受け、3回目の打診をしましたが、再度辞退しています。

そのときには「人生の幕を下ろしたときにいただけるよう励みます」とコメントしています。

さらに2019年11月に当時の総理大臣だった安倍晋三首相から4回目の打診がありましたが、その際も辞退しています。

国民栄誉賞にふさわしくない人はいる?

国民栄誉賞をYahooで検索すると、サジェストに「国民栄誉賞 ふさわしくない人」というキーワードが出てきます。

国民栄誉賞を受賞した人でふさわしくない人がいるのでしょうか?

SNSでキーワードを検索してみました。

2018年に羽生結弦選手が当時23歳で国民栄誉賞を受賞したことに対して、『若すぎるからふさわしくない』という声があったようです。

それに対して『国民栄誉賞にふさわしくないと言われているけど、偉大な記録を達成しているからふさわしい』という内容のツイートが多かったです。

スポーツ選手は現役の時に活躍して受賞するケースが多いため、全盛期は年齢的にも若くなってしまうのは仕方がないことですよね。

とにかく受賞者を見ると、誰もがすごい記録と記憶を残した人ばかりなので、国民栄誉賞にふさわしくない人はいないのではないでしょうか?

国民栄誉賞を辞退した人は誰?ふさわしくない人はいるのかまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、国民栄誉賞を辞退した人は誰なのか、また、受賞にふさわしくない人も調査しました。

これまでに国民栄誉賞を辞退した人が3名いることが判明しました。

<国民栄誉賞を辞退した人>

  • 福本豊さん
  • 古関裕而さん
  • イチローさん

次の国民栄誉賞は誰が受賞するのか、とても楽しみですね。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。