スポーツ

東京パラリンピックのメダル裏表はどっち?素材や大きさも調査!

東京パラリンピックのメダル裏表はどっち?素材や大きさも調査!

東京パラリンピック2020の特製メダル

裏表がどっちなのか非常に分かりづらい!
という声が多いようです

デザインの違いから表裏を判断するのは難しいですよね。
そこで今回は、パラリンピックのメダルの裏表や素材、大きさ等、デザインにまつわる部分ついて調査しました!

パラリンピックメダルのデザインの背景なども分かると更にパラリンピックを見るのが楽しくなるので、参考にしてくださいね♪

東京パラリンピックのメダル裏表はどっち?

東京パラリンピックのメダルの表は、点字があります(点字で東京オリンピック2020と記載されている)

裏は、扇形に模様&中心に東京2020をしたデザイン

となります。
画像を使いながら詳細を解説していきます!

メダルの表

視覚障害の選手でも、認識できるように点字が施されているのが表面です!
これは東京パラリンピックだからではなく、国際パラリンピック委員会の規定に基づいています

なので、歴代のパラメダルも表面には点字が記載されています。

また扇形をモチーフにしているデザインは東京オリンピックならではのデザインです!
点字以外のデザインに関しては、各開催地で自由に設計が出来るとの事

今回は、「入賞メダルデザインコンペティション」で選ばれた松本 早紀子(まつもと さきこ)さんがデザインをされています。

メダルの裏

 

裏面は同様の扇形のデザインですが、表とは違い模様を施しています。

また真ん中には『東京2020』の文字が記載されているのが特徴。
裏表どちらも特徴のあるデザインなので知らないとどっちが表か分からないですよね

東京パラリンピックのメダルの素材は?

メダルの素材に関してはオリンピック同様、JOCの規定で決まっています

1位および2位のメダルは銀製で、少なくとも純度1000分の925であるものでなければならない。また、1位のメダルは少なくとも6グラムの純金で金張り(またはメッキ)がほどこされていなければならない。
引用元:https://www.joc.or.jp/olympism/charter/chapter5/70.html

金メダルは純金で出来ていると思いがちですが、実は銀で出来ているんですね

表面のメッキだけ金を使用しています。
この規定を元に作られた東京パラリンピックのメダルの素材は以下です

金:純銀に6g以上の金メッキ
銀:純銀
銅:丹銅(銅95:亜鉛5)
引用元:https://olympics.com/tokyo-2020/ja/games/paralympics-medals-design/

銅メダルは銅と亜鉛の比率もしっかりと規定で決まっている為、素材に関しては歴代のメダルも変わる事はありません。

またメッキが6㎏『以上』と規定されているのは、メダルのサイズや大きさによって変わる可能性がある為です

では、パラリンピックのメダルの大きさがどれぐらいなのか?
規定も併せて説明していきます!

東京パラリンピックのメダルの大きさや重さは?

東京パラリンピックのメダルのサイズに関してもしっかりと規定が決まっています

メダルは、少なくとも直径60ミリ、厚さ3ミリでなければならない。
引用元:https://www.joc.or.jp/olympism/charter/chapter5/70.html

少なくともという表現が特徴的で、逆に大きい分には規定には引っかからないようです。
厳密には重さについても規定で決まっている為、最大の大きさはある程度決まってきますが。

上記の規定を元に作られた東京オリンピックのメダルの大きさや重さは以下です

大きさ 直径85mm
厚さ 最小部分: 7.5㎜ 最大部分: 10.7㎜
重さ 金:約526g 銀:約520g 銅:約430g
引用元:https://olympics.com/tokyo-2020/ja/games/paralympics-medals-design/

大きさや厚さに関しては、金銀銅と違いはありません

重さに関しては素材の違いが大きいです
またパラリンピックのメダルは、手で触れて分かるように金・銀・銅メダル毎に側面のくぼみの数が違っていたり、視覚障碍者にも分かるようなデザインになっています

デザインの違いによる重さの変化も多少はあると言えそうですね!

パラリンピックのメダルまとめ

以上、今回は東京パラリンピックのメダルの裏表や、素材に関して調査しました

今回のパラリンピックは地上波放送もしっかり行われる&開催地東京ということでいつも以上に注目されそうですね!

メダル表彰式なども1つの見どころですので、表面には点字があって視覚障碍者への配慮もあるんだ。といった背景も感じながら見て頂ければと思います!

以上、最後まで閲覧ありがとうございました